どこもお金を貸してくれなくて困った 自営業者 オススメ 信用保証協会

どこもお金を貸してくれなくて困った自営業者にオススメ「信用保証協会」

自営業者は何かとお金が必要になる事が多く、お金に困ってしまう事があります。
自営業者の場合どの金融機関も審査には厳しいので、借入に困っている自営御者も多いのではないでしょうか。
銀行や消費者金融からお金を借りる事が出来なく困ってしまった時は、信用保証協会のご利用を検討してみませんか。

 

信用保証協会とは

信用保証協会とは、中小企業の事業の円滑化を図るために中小企業は金融機関より借入れを受ける際の借入債務保証を行う制度です。
事業の経営に対し真面目に努力しており将来に向かって発展の見込みがある中小企業に対し、金融上の公的な保証人になり、融資への道を開く事を目的としております。
信用保証協会が保証人になって金融機関からお金を借りる事で、中小企業の円滑化を図る事が目的となっております。
簡単にいうと保証会社であり、中小の企業が銀行にてお金を借りたい場合に保証人になってくれる制度です。
銀行から缶得ると、信用協会が保証してくれるのですから安心して貸し出しが出来るという流れとなります。
信用保証協会より保証を受ける事が出来れば、お金を借りる手段が無くて困っている自営業の方でも資金繰りとする事が可能となります。

 

都道府県ごとにある信用保証協会をご利用する

信用保証協会は、都道府県ごとにあります。
ご自分がお住まいの都道府県の、信用保証協会をご利用する形となります。
ご自分が住んでいる都道府県に店舗、工場を融資、事業を営んでいる個人や法人、組合、その他の法人がご利用対象となります。
このような業種が対応となります。

 

製造業(運送業、建設業、鉱業など) 

資本金・出資金3億円以下、従業員300人以下

 

卸売業 

資本金・出資金1億円以下、従業員100人以下

 

小売業(飲食業を含む) 

資本金・出資金5,000万円以下、従業員50人以下

 

サービス業 

資本金・出資金5,000万円以下、従業員100人以下

 

医業

資本金・出資金制限無し、従業員個人の場合100人以下、法人の場合300人以下

 

政令特例業種の場合は、このような内容となります。

 

ゴム製品製造業

(自動車または航空機用タイヤ及びチューブ製造業並びに工業用ベルト製造業を除く)
資本金・出資金3億円以下、従業員900人以下

 

ソフトウェア業(情報処理サービス業)

資本金・出資金3億円以下、従業員300人以下

 

旅館業

資本金・出資金5,000万円以下、従業員200人以下

 

信用保証協会のお申し込みとは

信用保証協会へのお申し込みは、金融機関と信用保証協会の2つとなります。
お申し込み方法は、これらの2つの方法となります。

 

金融機関にてお申し込みを行う場合

金融機関で融資のお申し込みをする際に、信用保証協会のお申し込みの手続きを行います。
金融機関の審査に通った場合、必要事項を金融機関経由にて信用保証協会に提出となります。

 

信用保証協会にお申し込みの場合

各都道府県の信用保証協会に出向き、ご相談をして申込書をもらいます。
必要事項を記載して必要書類と共に添付し、お申し込みを行います。

 

この2つのお申し込み方法にて信用保証協会にお申し込みとなり、信用保証協会にて審査を行います。
審査が通った場合、金融機関に信用保証書が発行されます。
信用保証書が発行されたら、信用保証書に記載された条件により、金融機関より融資が実行されます。
この際、所定の信用保証料の支払いを命じられます。
融資完了となった場合、金融機関に借入れ金を返済します。

 

信用保証協会に必要な提出書類

信用保証協会に必要な提出書類は、これらとなります。

 

  • 信用保証委託申込書
  • 申込人(企業)の概要
  • 信用保証依頼書
  • 信用保証委託契約書
  • 個人情報の取扱に関する同意書
  • 確定申告書(決算書)
  • 商業登記簿謄本
  • 印鑑証明書

 

これらの書類以外に、必要な書類が発生する場合もございます。

 

多くの自営業者や中小企業がご利用している

日本の企業の中で、中小企業や小規模事業者というのは、全体の99%ほど。
ほとんどの企業が、中小企業や小規模事業者となります。
数に直すと、385万もの企業となります。
信用保証協会をご利用の企業数は146万企業となっており、全体の約40%となっております。
信用保証協会は中小企業や小規模事業者に根付いておりますので、安心してご利用してみる事をオススメします。

 

信用保証協会ご利用の資格条件

信用保証協会のご利用資格は、このような内容となります。

 

  • 大型取引先の倒産により影響を受けている
  • 取引先のリストラ事業活動の影響を受けている
  • 特定地域の災害等により影響を受けている
  • 全国的に業況が悪化している業種
  • ご利用していた金融機関が破たんしてしまい資金繰りに困っている
  • 金融機関の支店消滅若しくは合理化により貸付抑制の影響を受けている
  • 整理回収機構などにより貸し出し債権が譲渡され再生可能な中小企業

 

また、ご利用保証限度額は、このような金額となります。

 

普通保証

2億円以内(組合などは4億円以内)
ただし、金融機関の破たんの場合は、3億円以内
災害関係保証を利用している場合は、合算

 

無担保保証

8,000万円以内
無担保無保証人保証の1,250万円を含む
災害関係無担保保証の8,000万円を含む

 

これらの内容で、資金使途は事業資金のみとなります。
保証期間は定めがないので、融資先の返済期間に合わせる事が可能となります。
返済方法は一括返済若しくは分割返済ですので、ご自分のニーズに合わせてご利用が可能となります。

 

信用保証協会のメリット

信用保証協会をご利用する事でのメリットは、これらが挙げられます。

 

銀行から借入れがしやすくなる

自営業単体では借入れが難しい場合でも、信用保証協会の保証を受けるだけで借入れがしやすくなります。
信用保証協会の保証があるだけで、新規でも借入が可能となる場合があります。

 

長期間の借り入れが可能となる

信用保証協会の保証があれば、長期間の借り入れも可能となります。
借りる側からすれば借入期間が長ければ長い程返済が楽になりますので、都合よく借入れが可能となるという流れとなります。

 

安い利息でのご利用が可能となる

信用保証協会の信用度というのは物凄く高く、低い利息での借入れが可能となります。
信用保証協会に保証料の手数料の支払いがありますが、トータルで通常の金利よりも安くする事が可能となります。

 

保証料は経費となる

信用保証強化に支払う保証料は、経費とする事が出来ます。
その為、税金対策にもなります。

 

信用保証協会の審査に通るポイント

信用保証協会は、どの自営業者でも審査に通るという訳ではありません。
審査に通る為には、このようなポイントに目を向けてみるようにしましょう。

 

取引のある銀行に信用保証を申し込む

既に取引のある銀行に信用保証のお申し込みを行うと、それまでのご利用の信用により審査に通りやすくなる傾向があります。

 

銀行の担当者にお願いし保証が受けやすいように頼んでみる

いつもご利用している銀行の場合、信用保証制度をご利用したいとお願いしておくと、審査が通りやすくなる傾向があります。

 

企業概要欄は余白を作らないで埋める

企業概要欄は、企業をアピールする為の大事なスペースです。
そんな大事なスペースに空欄があると、企業としての魅力をアピールする事が出来ず、協会側に思いが伝わらない場合があります。
空白を作らないよう、充分にアピール文を記載するようにしましょう。
また、事業計画書を別紙で添付する事で、より正確な企業アピールとする事が出来ます。

 

いかがでしたでしょうか。
お金を借りる手立てが無く困っている自営業者には、信用保証協会はとても大きな存在となります。
知っていて損はないポイントですので、是非目を向けてみましょう。

関連ページ

どこもお金を貸してくれない時に目を向けるべき「おまとめローン」
どこからもお金を貸してもらえなく困っている方は、このような状態となっておりませんか。・借入件数が4件以上・借金の総額が150万円以上・総量規制を超えて借入れをしているこのような状態の方は、どの金融機関からも新規でお金を借りる事が出来ない可能性が高くなります。国の法律では、借入れ件数の多重債務の定義を5件以上としております。しかし、現実は4件以上の借り入れで多重債務扱いとされてしまう場合が大半となっております。
どこからもお金を借りる事が出来ない時「価値のある物を売ってみよう」
どこからもお金を借りる事が出来ずに困った時は、ご自分が持っている価値のある物を売買してみませんか。意外と数多くの価値のあるアイテムが埋もれている場合があり、売買すると高い値が付くものがあります。お金を借りる事が出来ずに困ってしまった時は、ご自宅に眠っているお宝を売る事を考えてみるのもひとつの方法となります。
どこからもお金を借りる事が出来ない|でも「お金借りれる掲示板」はダメ
どこからもお金を借りる事が出来ない時、「お金借りれる掲示板」に目を向ける方もいらっしゃるようですが、お金借りれる掲示板はオススメ出来ません。何故オススメ出来ないのか、解説していきます。〇お金借りれる掲示板は危険お金借りれる掲示板は、一見便利に聞こえるワードに感じるかもしれません。しかし、絶対にご利用してはいけません。