誰もお金を貸してくれない

誰もお金を貸してくれない

  1. 審査があるから借りられない
  2. 個人間融資なのに貸してくれない?
  3. 甘い審査の中小消費者金融も審査落ちがある
  4. 個人間融資で借りようというのはおかしい
  5. 怖い目に合わないとわからない?

 

 

審査があるから借りられない

お金を借りたい時、金融業者では審査がありますが、自分の家族や友人に借りる時には、審査はありません。当然のことですが、どうして審査があるのでしょう?

 

通行人にお金を貸してと言ったら

こんな事は絶対にありませんが、知らない人にお金を貸してと言った時、100%断られることになります。「どうしてあなたにお金を貸さなくてはならないのですか?」これが、仲の良い友人なら、「何に使うの?」となります。この違いがありますが、金融業者に申し込みをしたときには通行人に借りている感覚です。

 

金融業者は、申込者のことは一切知りません。そこで、収入があるのか、今までどんな返済をしていたか、今は借金がないかなどを確認します。それが審査です。何も知らないで貸すわけにはいかないでしょう。

 

金融業者で審査がなければ、誰でも貸します、先着順になります。
1人1人に同じ審査で、その金融業者の審査基準に合うかを確認する審査ファイナンスです。

 

 

審査基準に合わないと

借入ができません。それが審査落ちであり、審査基準が高い方から低いところまで申込したとして、借りれたとしたらラッキーです。しかし、ずっと借入ができなくて、今回の申込はすべての審査基準に合わない事もあります。

 

そのときには、大手消費者金融審査落ち、銀行カードローン審査落ちではブラックリストになっている。中小消費者金融で借入ができない場合は、ブラックリストでも最悪の状態です。

 

カードローン審査では、ブラックリストであれば審査落ちですが、中小消費者金融なら借りれる事があります。しかし、借りれる審査基準のクリアが必要です。審査があるキャッシングでは必ず落ちる事もあり、中小消費者金融で借入ができない場合は、あきらめましょう。

 

誰も貸してくれない

中小消費者金融での審査落ちでは、多重債務者は債務整理が勧められます。
これは、信用情報で金融事故が多発していて、とても貸せる状態ではないからです。

 

中小消費者金融では甘い審査ですが、返済ができると判断されること、総量規制範囲内の希望額にすることです。それ以外、返済ができるほどの収入証明書がない。既に総量規制以上の借入があるときには、中小消費者金融も借入ができないでしょう。

 

総量規制以上の借入は返済ができないのなら、即債務整理が必要です。
融資審査の限界として、限度額の総量規制は厳守です。

 

その他に、延滞遅滞をしていない。多くの借入件数がないなどですが、審査では債務と収入のバランスを確認される審査になります。それでダメなら今回は諦めましょう。必要なのはわかりますが、中小消費者金融のキャッシングとは言え、審査されるのですから、借りれない人もいます。

 

▲メニューに戻る

 

 

個人間融資なのに貸してくれない?

大手消費者金融や中小消費者金融の借入をしたいけれど、ローンが多く、審査落ちになってしまった。中小消費者金融も街金レベルまでの申込したけれど、全く借入ができない。

 

実はすごいブラックリスト

延滞遅滞をしている。催促の電話があるから、街金にも相談したけれど、借りられなかった。
そこで調べていると審査のない個人間融資があるらしい。

 

ヤミ金のキャッシングは怖いけれど、個人間融資なら個人が貸してくれると言います。
カードローン審査落ちでは、最初からここにきたら良いかも?

 

 

個人間融資とは?

借金で大変。消費者金融の審査は通らないし、専業主婦だからなかなか借りられない。
個人間融資は個人が貸してくれるというので、個人間融資掲示板サイトで書込みをしたり、Twitterでも募集をしています。そこに直接借りたら良い。

 

要するに、消費者金融のようにホームページの申込ではなく、書込みやTwitterで直接キャッシング交渉をします。審査がないので、信用情報でどんなに悪い内容だとしても、自分が言わなければばれないといったキャッシングです。ですから、審査なしのキャッシングとして有名になっています。

 

個人間融資でも借りれない

実は、審査なしですし、誰でも簡単に借りることができると考えていると大変。借りられない人もいます。消費者金融カードローン、中小消費者金融のように理由がわからないのです。相手が貸さないという場合があります。あなたには貸せないと言われる事もありますが、個人間融資では借りない事が必要です。ヤミ金だという噂も多いですが。

 

個人間融資の弊害

借りられないのは、相手がヤミ金だからというのは良いでしょう。たまたま借りられないとしても、実は個人情報が散々尋ねられた場合は、個人間融資では個人情報目的でした。

 

また、個人情報を聞いた後に、保証料が必要と言われる事があります。
5万円貸すので、最初に3,000円の振込を保証料としますということです。
3,000円振り込むと、相手から連絡が来なくなります。

 

どうして僕には貸してくれない?そして、個人情報だけとか、保証料詐欺という最悪の事態です。しかし、それでも貸してくれない。目的が貸す事ではなく、こうした犯罪まがいの行為だからです。

 

ヤミ金の場合もありますが、貸金で高い金利の返済の請求はありません。
ただ、個人情報だけは闇金業者に拡散されてしまい、しばらくスパムメール等が続きます。

 

弊害としてはこれだけですが、どうしてお金を貸してくれなかった?返済しなくて良かったのですが、なんとなくヤミ金からも見放された感じです。そんなことはなく良かったことですが、たまたまそのヤミ金の目的が貸金でなかったということでしょう。様々なヤミ金がいますが、個人間融資で貸金にならない、個人情報搾取程度で終われば、良かったほうです。

 

▲メニューに戻る

 

 

甘い審査の中小消費者金融も審査落ちがある 

カードローン審査では、金融事故があると審査落ちになりますが、まだ甘い審査の中小消費者金融が存在しています。

 

大手消費者金融カードローンや銀行カードローンでは金融事故者の借入ができませんが、中小消費者金融では借りれる審査ファイナンスです。消費者金融審査では、審査基準が違う事もあり、中小消費者金融や街金では、ブラックリストでも借りれます。

 

ブラックOKの真実

そんな中小消費者金融の情報では、ブラックOKと書かれていることがあります。
これは厳密には、ブラックリストでも申込ができるという意味です。

 

しかし、借りれる可能性を残すことで、この表示を使います。
ただし、多くのブラックリストが、この書き方が違うことを痛感します。
融資審査はとても厳しくて、極甘審査でも借りられないブラックリストも多いです。

 

そこで、誰も貸してくれないという絶望感になります。
金融業者では審査がありますから、次に狙うのが闇金業者の方もいます。

 

 

闇金業者は審査がない

信用情報の確認ができるのが、正規の金融業者だけです。
闇金業者もソフトヤミ金も信用情報の審査はありません。

 

しかし、最近では在籍確認を行うところもあり、最悪闇金業者でも借りられない方もいます。
専業主婦等無職では最初から門前払いになります。闇金業者ではブラックOKともありますが、無理に貸して、返済ができないときに、脅しという展開が多いです。

 

審査ファイナンスではありませんが、闇金業者なりの規則があります。
ただ、ブラックリストで闇金業者に申し込みをしている時点では、その行為はNGです。

 

借りられたらどうする?

1週間に30%という金利の闇金業者もあります。借用書も契約書もないキャッシングであり、生活費も根こそぎ取られてしまう。闇金業者では遅滞をしようものなら、脅迫が友人、父母、勤務先にも嫌がらせとして行う事があります。家族に内緒の闇金業者の借入をしてしまうと、その後取り返しもつかない事態も考えられます。

 

ソフトヤミ金も同様であり、融資審査に落ちた時点で、借入は諦めることです。
借りたいも必要なお金があるとしてもキャッシングができません。

 

そして、闇金業者に行くことは、みずから被害に行くことであり、その被害は周辺の人たちに及びます。この友人や家族の連絡先は、申し込みのときに必ず言わなければならないことであり、それらの人たちも巻き込む事になります。

 

借入ができない中小消費者金融の審査。
そのときは多重債務者は債務整理しかありません。これが真実の行動です。誰も貸してくれないのなら、それは自分がした事であり、責任を持って債務整理に向かうことです。

 

▲メニューに戻る

 

 

個人間融資で借りようというのはおかしい

 

とりあえずお金が必要なときに友人や彼氏に頼む方も多いでしょう。
父母等の家族の場合も。こうした人に借りたいときには、当然相手の都合も考えます。

 

自分が貸す事も考えてみて

もし、自分が借りようとしている人たちからお金を貸してと来た場合の事を考えてみましょう。
そのときに、貸せる友達と貸せない友達、家族等がいるのではないでしょうか?

 

それは、貸したとしたら返済してくれない人とか、この人は信頼ができるという気持ちが働くからでしょう。それを考えて、借りる相手も選択します。「誰でも良いことはありません」相手を知っているのなら、これが結論です。

 

 

個人間融資って

最近、カードローン審査落ちや消費者金融で借入ができない方で、闇金は嫌だからと個人間融資で借りようとする方がいます。

 

それでは、どうして闇金業者が嫌なのでしょう?
それは、口コミなどで高い金利だったり、取り立てが激しい。
ソフトヤミ金も同様であり、法律外のキャッシングだからです。
金融機関でも金融業者でもない闇金業者では、高い金利で対応しています。
それが、とんでもない内容であることは、世間的に知られています。

 

では、個人間融資では個人が信頼ができるというのは、ほぼない話しですが、ブラックリストになるとどうしてもそんな事はなく、借りれると思うようです。個人間融資ならなんとなく安心ができる。友達ですら相手を選ぶというのに、この考え方は間違っています。

 

個人間融資の正体

個人間融資では、審査ファイナンスが絶望的な方が貸してくださいと書込みしています。
それを知っていて、まともな借入ができると信じるのは非常に危険です。
なぜなら、闇金業者が存在しているからです。

 

個人間融資の相手の100%が闇金業者、ソフトヤミ金だと言います。
その理由は、貸してくださいという人が、返済ができる保証がないからです。
困っているので貸して下さいというとき、相手が返済がきちんとできる人かどうか。
そんな事を確認することができません。

 

そこで、まともに貸す人間等は個人間融資にはいない事がわかります。それは、自分が全く知らないが貸してほしいと言われて貸せるか?というと、それができないからです。

 

冷静になって考えると、知らない人が安々とお金を貸す?
ということで、個人間融資にいるのは、どんなことでもして返済を迫る闇金業者とソフトヤミ金の独壇場になっています。消費者金融審査に落ちるような人は相手にできるのは、ヤミ金だけであり、個人間融資は危険すぎる巣窟です。誰も貸してくれないときに個人間融資に行くのは無謀です。

 

▲メニューに戻る

 

 

怖い目に合わないとわからない?

消費者金融には、あまり世間一般に知られていない中小消費者金融や街金が存在しています。
最近では、インターネットの情報サイトで確認ができます。ここはブラックリストでも借りれるとされています。

 

ブラックリストでも借りれる中小消費者金融

消費者金融セントラル、消費者金融アローなどは借入ができるブラックリストがいると言います。これは真実です。カードローン審査では、セントラル消費者金融、ライフティが中小消費者金融ですがローンカードがあります。最近の傾向として大手消費者金融並のサービスもあります。

 

また、金利も上限が18%の場合があり、大手消費者金融と変わらない場合があります。
債務整理者では、1年程度経てば借りれる等の甘い審査が注目されています。審査融資として最後の砦ですが、こうした審査がある間は、きちんとした内容のキャッシングです。

 

しかし、信用情報で金融事故が多いとどうしても借入ができない運命になってしまいます。
そのときには、多重債務者は債務整理しかなく、誰も貸してくれないと諦めて下さい。
間違っても個人融資、個人間融資には行かないことです。

 

 

個人間融資はヤミ金

闇金業者が多い、ソフトヤミ金がいるという程度ではなく、個人間融資そのものが闇金です。相手も知らないのに、個人情報抜きだけ、それを闇金業者に売る。

 

返済ができないと、犯罪まがいの口座買取、携帯電話の契約を無理やり要求されます。
これは、犯罪になり、あなたも犯罪者になるだけではなく、携帯電話会社からも相手にされない、銀行からも締め出しです。自分の人生をメチャクチャにする行為であり、キャッシングどころの話しではありません。

 

審査ファイナンスがいかに大切なことであるか。個人間融資がいかに愚かな行為であるか。
自分と周辺の人たちを売るという行為であり、自身を粗末にしてはならないでしょう。

 

人生が変わった

金融業者に相手にされないので、個人融資にお金を借りました。
返済が大変だけど、バイトして返しています。

 

しかし、ある時とうとう遅滞をしてしまい、返済額が何倍にも膨れ上がりました。
バイトも風俗店に行って、なんとか返していましたが、もっと良い風俗店があるので紹介すると言われました。それまでは、親や友人にバラすと脅されていたので、紹介された風俗店に行くしかないと思っていました。

 

そのときにたまたま見かけた記事で、弁護士に相談したら、個人融資のトラブル1日で解決という内容のものを見つけました。ダメ元で電話をしたところ、すぐに話しをつけるので、内容を話してほしいと言われました。そこで、最初からすべてを話しました。

 

大手消費者金融カードローンの審査落ちから、審査なしのTwitter個人融資に申し込みをしたこと。完済しようと風俗店に行き始め、違う風俗店に紹介され、それまで脅迫されていた事すべてです。

 

弁護士はとにかく相手からの連絡は絶つ事。
電話には出ない、紹介先にも行かない事。あとは弁護士が直接話しをしてくれました。
そうすると、今までの返済は戻ってこないけれど、請求もなくなりました。
こんな怖い目に遭うとは思っていなかったので、請求がなくなったときには安心しました。

 

そして、個人間融資、個人融資の恐ろしさを身にしみました。
軽い気持ちで誰も貸してくれないと申し込みしたのですが、こんな事は絶対にしないと思いました。お世話になった弁護士に債務整理を依頼して、借金生活を整理している最中です。

 

審査なしがどれだけ恐ろしいか

弁護士に連絡を絶つと言われたとしても嫌がらせも続きます。

 

しかし、今度は弁護士が付いているので、必ず言われた通りにすることです。そして、審査なしのキャッシングがすべてヤミ金であり、そのお金に手を付けた瞬間から、自分も闇金業者に染まっていくことになります。

 

違法業者からの借入は絶対にしないことです。審査のあるキャッシングで審査落ちしてしまったら、あなたには誰もお金は貸してくれません。それを自覚して下さい。

 

▲メニューに戻る