どこ 借りれなくなった

どこも借りれなくなったら

  1. どこも借りれなくなったらヤミ金業者は間違い
  2. どこも借りれなくなったら銀行?消費者金融?
  3. どこも借りれなくなったらおまとめローンは本当?
  4. どこも借りれなくなったら総量規制が原因?
  5. どこも借りれなくなったら見直したいポイント

 

 

どこも借りれなくなったらヤミ金業者は間違い

お金を借りたいとき、

どこも借りれなくなったら、
ヤミ金業者を、利用するという考え方は、
まだあまり、金融会社に関する知識が、
少ないときに、抱きがちな発想です。

 

このような発想になる場合、

 

大手消費者金融や、
銀行カードローンのことを、
さしている、傾向が見受けられます。

 

 

実際には、地元を中心に、
貸付金の融資を行っている、中小消費者金融なら、
十分に借入れできる可能性が、あるものです。

 

闇金融に対して、真鍋昌平さんの、
大人気漫画「闇金ウシジマくん」を連想する方も、
多いのではないでしょうか。

 

もしかしたら「闇金ウシジマくん」を読んだことがきっかけで、
どこも借りれなくなったら、闇金業者しか、
借金できるところがないという考えに、
ついつい、直結してしまう人もいるかもしれません。

 

本作は、俳優の山田孝之さん主演で、
テレビドラマ化されましたし、ドラマのヒットにより、
映画化もされた作品です。

 

ヤミ金融のイメージに、
少なからず、影響を与えているでしょう。

 

ヤミ金がらみといえば、「ソフトヤミ金」というワードも、
新しく登場しています。

 

おぞましい取り立てで、債務者を震撼させる闇金融に、
「ソフト」という単語がついただけで、
なんだか、イメージアップしているかもしれません。

 

実際にソフト闇金を利用してみると、
ただの「闇金」とは異なり、親身な接客応対で、
対応してくれるとのことです。

 

多少返済期日を過ぎてしまったとしても、
債権者という立場をいいことに、
過剰な催促をすることはないでしょう。

 

多少は、支払いの相談に乗ってもらえるそうです。

 

しかし、ソフトヤミ金の、金利の高さは、
ヤミ金業者と違いませんので、元本に法外で、
高額な利息の請求がきますから、手を出さないように注意してください。

 

インターネットで探してみると、
運営するサイト名に、堂々とソフトヤミ金と表記しています。

 

連絡先に、携帯電話番号しか持たない闇金業者と異なり、
ホームページには、固定電話の番号が書かれていることもあります。

 

固定電話が引かれているからといって、
ソフトヤミ金である以上は、利用してはいけません。

 

あやまって融資を受けてしまったという場合は、
ヤミ金対策専門の弁護士さんなどに相談をし、
力になってもらうという方法も、あります。

 

任意整理や、自己破産などの、債務整理を行っていると、
金融ブラックとして、事故情報が、
個人信用情報機関に、登録されてしまいます。

 

多重債務者や、他の金融機関で、
長期延滞をしている場合も、
信用情報機関のデータベースに、載ってしまいます。

 

大手は、信用情報機関に、事故情報があれば、
即審査落ちにつながりかねませんが、
中堅消費者金融なら、可決する可能性があります。

 

中堅消費者金融審査情報を探してみると、
インターネットで見つけることができますので、
どこも、借りれなくなったら調べてみてはいかがでしょう。

 

たまたま、興味を持った金融業者が、遠方にあったとしても、
専用カードで、提携ATMから融資が受けられたり、
指定する銀行口座に、振り込んでもらえます。

 

そうなると、距離が弊害にはなりません。

 

▲メニューに戻る

 

 

どこも借りれなくなったら銀行?消費者金融?

銀行カードローンや、

消費者金融キャッシング、
クレジットカードのキャッシング枠など、
融資をしてもらえる種類は、
何通りかあります。

 

どこも借りれなくなったら、
どこが借りやすいなど、
審査が甘い所はあるのでしょうか。

 

銀行カードローンは、
他の種類に比べて低金利で、
借り入れができるのですが、消費者金融キャッシングの方が、
審査に、通りやすいといわれています。

 

金利が、銀行カードローンより高めに設定してあるので、
もし貸し倒れになったとしても、補う力があることから、
審査を、厳しくしなくてもいいということです。

 

リスクの備えを、金利の高さでしているので、
銀行カードローンより、高金利にはなってしまいます。

 

しかし、1円も可決されないことに比べれば、
本当に困っているときは、助かるのではないでしょうか。

 

名称を見ただけで、銀行カードローンか、消費者金融キャッシングなのかの、
判断がつきにくいのが、レイク新生銀行カードローンです。

 

レイクといえば、消費者金融のイメージが強いかもしれませんが、
現在のレイクは、新生銀行のカードローンの名称となっています。

 

よって、銀行カードローンに分類されます。

 

レイク新生銀行カードローンは、
初めての利用者を対象に、30日分に限り、
利息が、0円になるキャンペーンを実施しています。

 

次の給料日に、返済できる方などにとって、
魅力的なキャンペーンです。

 

加えて、融資金額が、
5万円より少ない場合、利息が180日分も0円になります!

 

小口融資をご希望でしたら、
他行のカードローンより、レイクを選んだ方が有利です。

 

このような、お得なキャンペーン情報は、
各ホームページで随時紹介されています。

 

申し込み前には、必ずチェックしたいところです。

 

さまざまな銀行カードローンの、ホームページに目を通していると、
消費者金融の、名前があることに気付くかもしれません。

 

銀行カードローンには、
保証会社という存在があり、運営を支えています。

 

多くの銀行カードローンは、保証会社を、
大手消費者金融に任せていますので、
過去に利用した会社の、
名前を見つけることがあるかもしれません。

 

例えば、三井住友銀行カードローンの、
保証会社でしたら、プロミスが行っています。

 

プロミスではなく、SMBCコンシューマーファイナンスという、
表記がなされている場合も、
同じ、プロミスのことを意味しています。

 

三井住友銀行カードローンで、融資を受けている利用者が、
もし、返済日に間に合わなかったとき、
保証会社であるプロミスが、肩代わりをして、
銀行に支払うという仕組みになっています。

 

利用者が返済する相手は、
このときから三井住友銀行ではなく、プロミスに変更されます。

 

このことから、銀行カードローンの、
審査を行っているのは、保証会社です。

 

プロミスを過去に利用していて、長期延滞や、債務整理をしたなどの、
金融事故を起こしている場合、他の保証会社の、
銀行カードローンより、審査落ちしやすいと考えられます。

 

どこも借りれなくなったら、これまで申し込みをした、
金融会社の保証会社を確認してみましょう。

 

金融事故を起こしたことがある、
貸金業者の名前が、あるかもしれません。

 

その場合は、利用したことがない保証会社の、
銀行カードローンに再チャレンジしたら、
通過することも、期待できるでしょう。

 

▲メニューに戻る

 

 

どこも借りれなくなったらおまとめローンは本当?

銀行カードローンや、

消費者金融キャッシングなどで、
融資を受けたら、毎月返済をする義務が、待っています。

 

収入の中から、順調に、
返済していければいいのですが、
借り入れをし過ぎると、
収入と返済による、
支出のバランスが乱れ、
返済日に支払えないということも、
起こるかもしれません。

 

返済日に、間に合いそうもなかったときに、
多くの人が行う対処法が、別の金融会社から、
借り入れをし、返済にあてるという方法です。

 

一時的な対策としてなら、いいかもしれません。

 

ですが、これが習慣化されてしまうようにならないよう、
注意が必要です。

 

頻繁に、他社からの借り入れを、
返済にあてるようになってしまうと、さらに別の貸金業者が、
必要になってくる可能性が、あります。

 

これが繰り返され、
多重債務者になっている人が、
どれほど多いことでしょうか。

 

多重債務者の、救済措置のような存在として、
関心が高い商品が、おまとめローンです。

 

おまとめローンは、テレビCMや広告で目にする機会が多いことから、
借金に無縁な人でも、知らない人はまずいないでしょう。

 

多重債務が原因で、どこも借りれなくなったら、
おまとめローンで、借り入れ件数を、
1カ所にするという方法もあります。

 

ただ、本当におまとめローンに一本化することが、
借金問題の、解決につながるかは、
人によるという、見方もあります。

 

おまとめローンに借り換えをすれば、
その前より金利を低くできたり、
毎月の総返済額を、減らせるなどのメリットがあります。

 

ただ、月々の返済額を軽く設定したことにより、
完済できるまでの期間が、
借り換えをする前の方法より、長引いてしまうというケースもあります。

 

返済期間が長くなればなるほど、
支払う利息の総額が高くなりますので、
それでは、借金が軽くなったとはいえません。

 

シミュレーションをよくして、本当に得になる借り換えが、
できることをしっかり確認できないなら、
逆に、おまとめローンを利用しない方が、いいことになってしまいます。

 

入念なシミュレーションをしてみた結果、
もし、おまとめローンをしても、有益でないという結論に達したら、
債務整理という選択肢もあります。

 

確かに任意整理や、自己破産などの債務整理を行ってしまえば、
しばらくは、個人信用情報機関に、
そのことが、登録されてしまいます。

 

それによって、大手の消費者金融や、
銀行からの借入れは、あきらめざるをえません。

 

それでも、現在抱えている借金問題に、
手を打つことはできます。

 

個人信用情報機関に、登録されてしまうことを恐れている方は、
中小消費者金融なら相談でき、
可決できる可能性があることを、ご存知でしょうか。

 

信用情報は決して、今後一生涯記録が残るというわけではなく、
5〜10年などの、それぞれに定められた期間限定ですので、
それ以降は、データが抹消されます。

 

どこも借りれなくなったら、債務整理という選択も、
あることを知っているだけでも、ヤミ金などの悪徳業者に、
手を出すリスクは、軽減されるはずです。

 

債務整理は、借金の度合いに応じて4種類ありますので、
正当な手段で、解決したいなら
選択肢の一つに、加えてみてはいかがでしょうか。

 

▲メニューに戻る

 

 

どこも借りれなくなったら総量規制が原因?

どこも借りれなくなったら、

よく指摘されるのは、
消費者金融などの、貸金業法の、
総量規制による、審査落ちです。

 

消費者金融の他に、
クレジットカードのキャッシング枠も、
貸金業法が適用されていますが、
法改正により、誕生した総量規制が、
借り入れ額に上限を作りました。

 

申し込み者の、年収の3分の1までしか、
貸金業者全体で、融資してはいけないというのです。

 

年収の3分の1を、超えてしまうにもかかわらず、
貸し付けを行えば、その金融業者は、
処分の対象となりますので、融資を断るしかありません。

 

では、年収の3分の1を超える場合は、
貸金業法が適用されない、
銀行カードローンならいいのでしょうか。

 

以前は、銀行カードローンなら、
審査に通るといわれていました。

 

このことが、過剰貸し付け問題に発展しており、
ニュースなどで、報道されている状況です。

 

問題として取り上げられている現在では、
銀行が、自主的に貸し付け金額の上限を設けており、
それ以上は、可決していないとのことです。

 

その上限は、消費者金融などと同じ、
年収の3分の1だと、伝えられています。

 

3分の1という割合は、貸金業法で採用されるくらい、
妥当な数字ということなのかもしれません。

 

総量規制で引っかかるからという理由で、
銀行カードローンへの申し込みを検討しているなら、
審査に、通らない可能性が高いでしょう。

 

金融機関の自主規制に頼るだけでなく、
今後は、法改正がなされるかもしれません。

 

どこも借りれなくなったら、当分は借金をあきらめましょう。

 

貯蓄や返済に励むか、どうしてもお金が必要なら、
1日だけの単発スポットアルバイトなどで、
臨時収入を生み出すなどという方法が、考えられます。

 

ご結婚されているか、または事実上、
婚姻関係にあるお相手がいる場合は、
配偶者貸付という方法も、あります。

 

配偶者貸付を利用するにあたって、
パートナーの方の同意書の提出や、
審査を受けて、通過することなどの条件があります。

 

同意を得ることができ審査に通過できれば、
二人の収入の合計金額が、年収の3分の1までに、
借り入れできる金額を、増額することができます。

 

本当にお金に困っていて、どこも借りれなくなったら、
二人で、よく相談してみてはいかがでしょう。

 

すでに、たくさんの借金を抱えていて、どこも借りれなくなったら、
自己破産の、債務整理を行うのも一つの解決策です。

 

がんばってこのまま返済を続けていっても、
完済の目途がどうにも立たないという場合、
自己破産の申し立てを裁判所に行い、認められれば、
借金が、まったくない状態に戻ることが可能です。

 

自己破産などの債務整理を済ませていると、
個人信用情報機関に一定期間は登録されますので、
大手金融機関からの融資は、まず難しくなります。

 

ただ、中小消費者金融であれば、
小口融資になる可能性が高いものの、
相談に乗ってもらえる可能性は、あります。

 

自己破産をして、個人信用情報機関にそ、の記録がある期間であっても、
完全にどこからも、融資を受けられなくなるわけではありません。

 

一度、検討してみてはいかがでしょうか。

 

▲メニューに戻る

 

 

どこも借りれなくなったら見直したいポイント

どこも借りれなくなったら、

どこも、融資をしてもらえないというわけではなく、どこか見直したら、
改善できるポイントがあるのかもしれません。

 

借り入れすることへの知識を、
少し増やすだけで、もしかしたら簡単に、
可決できる可能性もあります。

 

知らない申込者が多いのが、
「申し込みブラック」の存在です。

 

申し込みブラックには、決して過去に自己破産をしていたり、
他で、長期延滞をしていたなんて、
金融事故を起こしていない人も、なってしまうことがあります。

 

消費者金融などに、初めて申し込みをする人でも、
なってしまう可能性があるのですが、それは短期間に、
複数カ所の金融会社に、申し込みをしただけで、
なってしまうものだからです。

 

正式に、何回でアウトという回数は、
名言されていないのですが、1カ月に2カ所までに、
とどめておけば、安心だといわれています。

 

一度に、あちこちの金融業者に申し込みをしていれば、
審査のときに照会される、
個人信用情報機関のデータで、登録されています。

 

次々に、審査落ちしているから、短期間に、
たくさんの申し込みをしていると受け取られてしまいます。

 

多数の審査に、落とされる原因が、
何かあるのだろうということで、マイナスポイントとなります。

 

申し込みブラックは、6カ月を過ぎれば、
データが抹消されますので、身に覚えがあるという場合は、
次の申し込みまで、間隔をあけましょう。

 

申し込みブラックとして、信用情報に記録がある間でも、
中小消費者金融なら、相談に乗ってもらえる可能性はあります。

 

すぐに必要な資金なので、半年も待っていられないという場合は、
中小消費者金融に、申し込んでみてはいかがでしょう。

 

せっかく、融資を受けるのだからということで、
本当に必要な金額より、多めの希望融資額を、
申告してしまうこともあります。

 

少額になるほど、スムーズに可決しやすくなりますので、
必要最小限の金額で、
希望を出すことをおすすめします。

 

さらに、消費者金融などの、貸金業者に申し込む場合には、
貸金業法の総量規制がありますので、
年収の3分の1までしか、可決されません。

 

希望融資額が、年収の3分の1を超えている、
または、別の貸金業者からすでに、借金をしている場合、
合計額が3分の1で、計算されます。

 

一社だけの上限ではありませんので、
申し込みフォームに、入力する前に計算してみてください。

 

年収の3分の1に、達してしまうからということで、
ウソの年収を申告すれば、個人信用情報機関で、
確認して、簡単にバレてしまいます。

 

信用をなくせば、借りられるお金も借りられなくなってしまいますので、
気を付けて、誠実な情報を申告するようにしましょう。

 

▲メニューに戻る